エアコンクリーニングでは汚れが除去できない理由その1。がキレイに出来ない。

エアコンクリーニングといえば、
壁に設置した状態での洗浄ですが、
もちろんファンもそのままで洗浄します。

でもファンは複雑な形をしています。
汚れの多くはファンの羽の内側から発生しています。

全ての汚れを除去する為には、羽の裏側の隅々までしっかりと洗浄する必要がありますが、
壁についた状態で熱交換器の奥にあるファンを
しっかりと洗浄する事は不可能だと思います。

カビが少しでも残っていると
そこからまたカビが繁殖してしまうのです。

当社では、
外した状態のファンでもしっかりと洗浄しているつもりでも、どうしてもカビが残ってしまうので、
隅々まで手洗いして
その後仕上げに70度以上のお湯に10分間漬けて
カビを殺菌して仕上げています。

そこまでしないとカビは残ってしまい、
またアッという間にカビだらけになってしまうのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です